検索
主なテーマ一覧

【オリエンタルランド秘史#10】“怪物政商”小佐野賢治に食われた創業メンバー

シリーズ#1はこちら

館山市ディズニーパレードの予期せぬ波紋

#9から続く)2024年1月1日の昼下がり、JR舞浜駅南口に降り立つと、普段と同じ“非日常”がそこにはあった。新年を祝う看板やポスターはどこにも見当たらない。東京ディズニーリゾート(TDR)に向かう人々でごった返し、いつもの休日と変わらない光景が眼前に広がる。非日常の演出はTDRを運営するオリエンタルランドではなく、米ウォルト・ディズニー・カンパニー(DIS)の意思が強く反映されている。

昨年11月12日には館山市、同23日には千葉市で千葉県誕生150周年記念パレード(#7参照)が開かれた。いずれもTDRによるスペシャルパレードがトリを務め、大いに盛り上がったが、その後、波紋を呼ぶ出来事が起こった。館山市はスペシャルパレードの写真を広報誌「だん暖たてやま」2024年1月号の表紙に使おうと、ゲラ刷りをオリエンタルランドに送付した。ところが、答えはNG。DISから「ディズニーのキャラクターが写る写真の使用はまかりならない」と横槍が入ったのだ。

ディズニーのキャラクター管理が特に厳しいことはよく知られているが、自治体の広報誌は商業的な媒体とは異なる。しかも、千葉県はオリエンタルランド株4.03%を所有し、信託口を除けば、京成電鉄、三井不動産に次ぐ第3位の大株主なのだ。これまでの持ちつ持たれつの関係を考えれば、オリエンタルランドにとって千葉県はシェアホルダーであり、最も大切なステークホルダーのひとつであるのはいうまでもない。今回の件は千葉県が直接依頼したわけではないが、県政150周年という節目である。

オリエンタルランドとしては、ディズニーキャラクターたちのパレードによって、千葉県に御恩返ししようとしたわけだが、館山市の広報誌をめぐるDISの”裁定”によって、その許容範囲が明示された格好だ。いずれにせよ、オリエンタルランドはDISのキャラクターを使わせてもらう一興行主に過ぎないのである。

いち早く記事をお届け!【ガバナンスQメルマガ】登録はこちら
手形詐欺の背景に自民党総裁選 丹沢善利 朝日…
1 2

ランキング記事

【PR】riskey リスクアラートシステム
【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#3】CA出身「鳥取新社長」を一丸で支える使命…

    (#2から続く)八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。今回のゲストは、JA…

  2. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#2】僕が考える「稲盛和夫」に選ばれた理由…

    (#1から続く)八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。今回のゲストは、JA…

  3. 不祥事発覚も「内部通報制度」が機能しなかった上場企業19社…

    初回記事では、2023年に内部通報が発端で不祥事が発覚した企業を取り上げたが、本稿では不祥事が発覚した際、内部通報が機能していなかったとされ…

  4. 【ACFE JAPAN岡田譲治理事長インタビュー前編】私が『監査役の矜持』を出版した理由…

    日本公認不正検査士協会(ACFE JAPAN)理事長の岡田譲治氏が昨年、『監査役の矜持――曲突徙薪(きょくとつししん)に恩沢なく』(同文館出…

  5. 【オリエンタルランド秘史#18】千葉県知事スキャンダル辞任を超えてTDL開園…

    シリーズ#1はこちら オリエンタルランド株売却に踏み切った京成電鉄 (#17から続く)「最強アクティビスト(物言う株主)」の呼び声も高い米投…

  6. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    「不祥事ゼロ」という発想は間違っている (インタビュー前編から続く)米国では、内部告発者と証券取引委員会(SEC)や司法省(DOJ)などの当…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正検査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス