検索
主なテーマ一覧

【オリエンタルランド秘史#16】日米で“物言う株主”が攻撃する「ディズニー銘柄」

シリーズ#1はこちら

アクティビストに狙われる京成電鉄が自社株買いを実施

#15から続く京成電鉄、三井不動産といったオリエンタルランドと関係の深い企業が立て続けにアクティビスト(物言う株主)のアタックを受けている。オリエンタルランド関連で標的になっているのは日本企業だけではない。2076年まで東京ディズニーリゾート(TDR)のライセンス契約を結ぶウォルト・ディズニー・カンパニー(DIS)もアクティビストからの攻撃に苦慮している。

米著名投資家のネルソン・ペルツが率いる投資ファンドのトライアン・パートナーズがDISに最初にプロキシーファイト(委任状争奪戦)を挑んだのは昨年1月のことだった。これはまもなく取り下げられたが、昨年末からトライアンは再び攻勢を強めている。今年4月3日に予定されている株主総会に向け、ペルツを含む取締役の選出案を発表。DISはトライアンの提案を一切認めず、すでにリストアップしている候補者で押し通す構えだ。

このファイトを複雑にしているのはDISに株主提案しているアクティビストが1社だけではない点だ。トライアン以外にもブラックウェルズ・キャピタルやバリューアクト・キャピタルら有力な米投資ファンドが参入。ブラックウェルズが不動産事業の分離を求めるなど対決姿勢を見せているのに対し、バリューアクトはDISと情報の秘密保持契約を結び共同戦線を張っている。

アクティビストたちの格好のターゲットになっているのはDISの株価が低迷しているからだ。2023年10~12月期の純利益は前年同期から約5割も増えているのに、株価向上には期待したほど寄与しなかった。

もうひとつの背景はやはり、DISが世界でも有数のブランドであるディズニーを持っている点だろう。こうした企業にアクティビストが介入すれば、市場は敏感に反応する。欧米よりも株主提案の制限が緩いといわれる日本ではなおさらだ。英ファンドのパリサー・キャピタルから株主提案を受けている京成電鉄、米ファンドのエリオット・マネジメントからターゲットにされている三井不動産。いずれもその発覚直後から株価は急騰した。

パリサーから保有するオリエンタルランド株(持株比率22.15%)を15%未満まで減らすように求められている京成電鉄は2月22日、330億円を上限とする自社株買いを発表。京成電鉄側は「ファンドからの要請の影響はない」としている。確かに自社株買いはパリサーの要求項目には挙げられていなかったものの、額面通りには受け取り難い。彼らアクティビストの動きを無視できなくなり、重い腰を上げたというのが真相だろう。国内外から「ディズニー関連銘柄」として注視される京成電鉄や三井不動産が今後もアクティビストたちに狙われるのは必至。目が離せない状況になっている。

片や、TDRを運営する当のオリエンタルランドは時価総額で京成電鉄は元より、三井不動産を大きく上回り、アクティビストの攻勢に晒されていない。しかし45年前、資金手当てで行き詰まりを見せていた――。

いち早く記事をお届け!【ガバナンスQメルマガ】登録はこちら
独断のディズニーとの契約調印に三井不動産と銀行団の怒…
1 2

ランキング記事

【PR】riskey リスクアラートシステム
【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#3】CA出身「鳥取新社長」を一丸で支える使命…

    (#2から続く)八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。今回のゲストは、JA…

  2. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#2】僕が考える「稲盛和夫」に選ばれた理由…

    (#1から続く)八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。今回のゲストは、JA…

  3. 不祥事発覚も「内部通報制度」が機能しなかった上場企業19社…

    初回記事では、2023年に内部通報が発端で不祥事が発覚した企業を取り上げたが、本稿では不祥事が発覚した際、内部通報が機能していなかったとされ…

  4. 【ACFE JAPAN岡田譲治理事長インタビュー前編】私が『監査役の矜持』を出版した理由…

    日本公認不正検査士協会(ACFE JAPAN)理事長の岡田譲治氏が昨年、『監査役の矜持――曲突徙薪(きょくとつししん)に恩沢なく』(同文館出…

  5. 【オリエンタルランド秘史#18】千葉県知事スキャンダル辞任を超えてTDL開園…

    シリーズ#1はこちら オリエンタルランド株売却に踏み切った京成電鉄 (#17から続く)「最強アクティビスト(物言う株主)」の呼び声も高い米投…

  6. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    「不祥事ゼロ」という発想は間違っている (インタビュー前編から続く)米国では、内部告発者と証券取引委員会(SEC)や司法省(DOJ)などの当…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正検査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス