検索
主なテーマ一覧

【オリエンタルランド秘史#13】大株主・三井不動産が潰そうとした「ディズニーランド計画」

シリーズ#1はこちら

東京ディズニーリゾート「2076年」までのライセンス契約

#12から続く今年6月にオープンする東京ディズニーシー(TDS)の新エリア「ファンタジースプリングス」(#12参照)の建設が決まった2018年6月、オリエンタルランドとウォルト・ディズニー・カンパニー(DIS)の間で東京ディズニーリゾート(TDR)のライセンス契約の延長が締結された。ロイヤルティーとして入園料の10%などをDISに支払う現行の内容を最長で2076年まで延長するというものだ。

1979年4月30日、オリエンタルランド社長の高橋政知とDIS(当時の社名=ウォルト・ディズニー・プロダクションズ)社長のカードン・ウォーカーは「東京ディズニーランド(TDL)の建設および運営に関する契約」に調印した。開園の1983年から45年という契約だった。契約期間の延長は今回で2回目。最初の延長については、TDSの開発が決まった時に合意した。TDLを含めたTDRのライセンス契約はTDS開園(2001年)から45年(2046年まで)に改められた。それが今回の新エリア拡張で、さらに30年延長されたことになる。

DISにとってこうした契約方式は、実はオリエンタルランドに対してだけのもの。ディズニーのテーマパークは世界に6カ所あるが、他の5カ所は実質的にはDISの直営なのだ。米国内の2カ所(カリフォルニア、フロリダ)は元より、ディズニーランド・パリを経営していた合弁会社も2017年にDISの完全子会社になった。香港はDISと地元政府による経営。上海はDISと中国国有企業が設立した合弁会社が運営している。

一方、TDRにはDISの資金が一切、投入されておらず、オリエンタルランド単独の経営となっている。また、DISはオリエンタルランド本体にも1円たりとも資本参加していない。となると、独自性が発揮できそうだが、オリエンタルランドがそうした立場に立ったことは一度もない。主導権はあくまでもDIS側にあり、その方針を逸脱することはできないのだ。

ディズニーのキャラクターの権利をまったく持っていない以上、致し方ないとはいえ、相手に頭が上がらない関係は誘致に向けた交渉が始まってからずっと続いている。だが、抵抗を試みようとした人物が日本側にいなかったわけではない。米国の外に初めてディズニーランドを創った最大の功労者であるオリエンタルランド2代目社長の高橋政知も、当初は激しく反発していた。

いち早く記事をお届け!【ガバナンスQメルマガ】登録はこちら
三菱地所も誘致合戦に参入 1971年10月、D…
1 2

ランキング記事

【PR】riskey リスクアラートシステム
【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#3】CA出身「鳥取新社長」を一丸で支える使命…

    (#2から続く)八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。今回のゲストは、JA…

  2. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#2】僕が考える「稲盛和夫」に選ばれた理由…

    (#1から続く)八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。今回のゲストは、JA…

  3. 不祥事発覚も「内部通報制度」が機能しなかった上場企業19社…

    初回記事では、2023年に内部通報が発端で不祥事が発覚した企業を取り上げたが、本稿では不祥事が発覚した際、内部通報が機能していなかったとされ…

  4. 【ACFE JAPAN岡田譲治理事長インタビュー前編】私が『監査役の矜持』を出版した理由…

    日本公認不正検査士協会(ACFE JAPAN)理事長の岡田譲治氏が昨年、『監査役の矜持――曲突徙薪(きょくとつししん)に恩沢なく』(同文館出…

  5. 【オリエンタルランド秘史#18】千葉県知事スキャンダル辞任を超えてTDL開園…

    シリーズ#1はこちら オリエンタルランド株売却に踏み切った京成電鉄 (#17から続く)「最強アクティビスト(物言う株主)」の呼び声も高い米投…

  6. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    「不祥事ゼロ」という発想は間違っている (インタビュー前編から続く)米国では、内部告発者と証券取引委員会(SEC)や司法省(DOJ)などの当…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正検査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス