検索
主なテーマ一覧

PBRワースト企業「対応策」開示状況リスト【株価とガバナンス】

シリーズ#1はこちら

東証が「対応企業」を公開

前記事から続く2023年3月に東京証券取引所がプライム、スタンダードに上場する全企業に向けて発信した《資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応等に関するお願い》。

2023年10月末には、対応状況を「コーポレート・ガバナンス報告書」(CG報告書)に記載することを求め、24年1月に記載した企業名を開示するとも宣言。東証はその告知通り、24年1月15日、23年12月末時点の対応状況の集計結果を公表した。

参考記事
PBR対応策発表の場「コーポレートガバナンス報告書」とは?【株価とガバナンス】
https://cgq.jp/special/stock/2252/

結果は、プライム市場に上場する1615社のうち、約半数に当たる815社が本件に関する事項を記載したCG報告書を提出した。このうち155社は「検討中」との記載にとどめたが、660社は具体的な対応策を開示・記載した。逆に言えば、841社は本件に関する事項をまったく記載しなかった。

これがスタンダード上場企業では開示率がぐっと下がり、具体的な対応策まで開示・記載したのは1619社中191社にとどまり、「検討中」とした109社を合わせても、わずか300社。全体の2割にも届かなかった。

今回、東証は「開示済」もしくは「検討中」と記載した企業名を開示したほか、時価総額やPBR(株価純資産倍率)、ROE(自己資本利益率)がそれぞれどの水準の会社がどの程度開示したかや、3月決算企業の開示率も分析して公表している。今後は1カ月に1度、対応した企業名を公表していくとしている。

そこで時価総額上位30社各社と、低PBRワースト30社各社の開示状況を調べてみた(すべて2024年1月23日終値ベース。PBR算出に使用したBPS=1株当たり純資産は公表済み直近本決算ベース)。

なお、低PBRワーストランキングに登場する企業については、業態上どうしても銀行が多くなるため、銀行のみのワースト30社と、銀行以外のワースト30社に分けて掲出している。

まずは、時価総額トップ30社の提出状況から。

いち早く記事をお届け!【ガバナンスQメルマガ】登録はこちら
時価総額トップ30社中8社が対応策開示なし 時…
1 2 3 4

ランキング記事

【PR】riskey リスクアラートシステム
【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#3】CA出身「鳥取新社長」を一丸で支える使命…

    (#2から続く)八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。今回のゲストは、JA…

  2. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#2】僕が考える「稲盛和夫」に選ばれた理由…

    (#1から続く)八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。今回のゲストは、JA…

  3. 不祥事発覚も「内部通報制度」が機能しなかった上場企業19社…

    初回記事では、2023年に内部通報が発端で不祥事が発覚した企業を取り上げたが、本稿では不祥事が発覚した際、内部通報が機能していなかったとされ…

  4. 【ACFE JAPAN岡田譲治理事長インタビュー前編】私が『監査役の矜持』を出版した理由…

    日本公認不正検査士協会(ACFE JAPAN)理事長の岡田譲治氏が昨年、『監査役の矜持――曲突徙薪(きょくとつししん)に恩沢なく』(同文館出…

  5. 【オリエンタルランド秘史#18】千葉県知事スキャンダル辞任を超えてTDL開園…

    シリーズ#1はこちら オリエンタルランド株売却に踏み切った京成電鉄 (#17から続く)「最強アクティビスト(物言う株主)」の呼び声も高い米投…

  6. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    「不祥事ゼロ」という発想は間違っている (インタビュー前編から続く)米国では、内部告発者と証券取引委員会(SEC)や司法省(DOJ)などの当…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正検査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス