検索
主なテーマ一覧

超長期在任トップ「再任賛成率」ランキング#1 上位企業編【株主総会2023】

日本取引所グループも後押しする「優良同族企業」

ちなみに、セーレン副社長の川田浩司氏(52)は川田会長の長男で、いまや代表取締役に上り詰めている。“経営手腕”があるからの抜擢なのだろうが、非創業家出身ながら、息子を右腕にしている格好だ。アークスとニデック以外はトップの親族たちも取締役を務めており、ここまでくれば、上場企業でありながら、“血族”による恒久的な経営支配体制を確立していると言える。とはいえ、アークス以外の9社はPBRは1倍以上で、ファーストリテイリングのように7倍を超える企業もある。つまり、同族経営への疑問の声を経営成績で打ち消している格好だ。

そして、この資本の論理は当該企業だけでなく、資本市場の守り手である日本取引所グループ(JPX)が後押ししている。

JPX傘下の東京証券取引所はさる2023年7月3日、企業の価値創造(資本効率)に着目した新しい株価指数「JPXプライム150指数」を始めた。市場再編後、ややもすると、多すぎると揶揄されてきたプライム市場上場企業1834社から、ES(資本収益性)やPBRなどの基準を満たす150銘柄の株価をもとに算出する指数だ。

このJPXプライム150に、トップ在任が長期にわたる企業から10社が選出された。このうちノエビアHD、ニデック、日清食品HD、ファーストリテイリング、セガサミーHDの5社が長期経営トップ賛成率上位10社の半数を占める。長期の在任をめぐる是非よりも、資本効率の高さこそが市場やステークホルダーが重視している現実を、JPXが図らずも証明している。「黒い猫でも白い猫でも鼠を捕るのが良い猫だ」の言を引くまでもなく、結果を出している以上、当然と言えば、当然ではある。

ところが、JPXプライム150に選出されながら、トップの賛成率が低迷しているトップ長期在任企業も5社ある。次回#2記事では、この5社を中心に賛成率が低かった企業を概観したい。

在任長期トップ企業の多くは創業者・創業一族による支配…
1 2 3

ランキング記事

【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    通報窓口の担当者の人となりを知らせて心理的ハードルを下げる また、内部通報制度が早期発見のための有用な手段と捉え、自社(グループ会社を含む)…

  2. 【オリエンタルランド秘史#16】日米で“物言う株主”が攻撃する「ディズニー銘柄」…

    独断のディズニーとの契約調印に三井不動産と銀行団の怒り 1979年4月30日にDIS(当時の社名ウォルト・ディズニー・プロダクションズ)との…

  3. 【オリエンタルランド秘史#15】三井不動産「OLCと縁切り」観測に“対立の因縁”…

    引き延ばしを図る三井不動産「覚書」の条件 ウォルト・ディズニー・プロダクションズ(DIS=現ウォルト・ディズニー・カンパニー)との交渉のタイ…

  4. 【損保ジャパン「金融庁処分」の深層#6】組織風土改革“5つの提言”《後編》…

    【提言⑤】不祥事情報を取り込む専用「内部通報」窓口の設置 ビッグモーターの不正に関し、損保ジャパンの内部通報窓口に情報が寄せられ、会社がこれ…

  5. 第12回【油布志行×八田進二#2】新NISAで生み出す「資産運用立国」の好循環…

    Wコードが行き過ぎた「買収防衛策」を排除 八田 1年の違いはありますが、スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードが制定され…

  6. PBRワースト企業「対応策」開示状況リスト【株価とガバナンス】…

    低PBRの「銀行」界は横並び…… それでは、PBRが低い企業群ではどうなっているのか。銀行は資産規模が大きいのでPBRは低くなりがちな業種だ…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正調査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス