検索
主なテーマ一覧

超長期在任トップ「再任賛成率」ランキング#1 上位企業編【株主総会2023】

在任長期トップ企業の多くは創業者・創業一族による支配

半世紀以上にわたり経営を率いるノエビアの大倉会長、創業50年を超えたニデック(旧日本電産)の永守重信会長(78)、1982年に創業したゼンショーHDの小川賢太郎会長(75)といった創業トップに加え、家業を継いだとはいえ、異なる業態を生み出したユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(74)やセガサミーHDの里見治(はじめ)会長(81)らも在任期間は長期に及ぶ。

さらに、明治時代の創業者のひ孫に当たる小林一雅会長(83)とその長男の章浩社長(52)が2トップを務める小林製薬、3代目の富山幹太郎氏(69)が会長CEO(最高経営責任者)のタカラトミー、チキンラーメンやカップヌードルを生んだ創業者、安藤百福(2007年1月死去)の次男である宏基氏(75)が社長CEOを務める日清食品HDは、複数代にわたって一族が経営を支配してきた企業群だ。

一方、賛成率10位は自動車用シート材などを手掛ける総合繊維メーカーのセーレン(本社=福井県)、川田達男会長CEO(83)で、この川田氏も非創業家出身。今年6月の定時株主総会では、昨年の77.1%から大きく伸ばし、96.4%の賛成率を得た。1987年に47歳で社長に就任、2011年から会長に就いたが、この間、一貫して代表取締役の身にある。歯に衣着せぬ物言いもあって、入社時から長く干されたものの、新規事業の自動車用シートがヒットし、経営危機にあったセーレンを立て直したという立志伝は、川田会長本人もメディアで語るところである。

代表取締役の在任期間が長期にわたる上場企業に対するステーク…
日本取引所グループも後押しする「優良同族企業」 …
1 2 3

ランキング記事

【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    通報窓口の担当者の人となりを知らせて心理的ハードルを下げる また、内部通報制度が早期発見のための有用な手段と捉え、自社(グループ会社を含む)…

  2. 【オリエンタルランド秘史#16】日米で“物言う株主”が攻撃する「ディズニー銘柄」…

    独断のディズニーとの契約調印に三井不動産と銀行団の怒り 1979年4月30日にDIS(当時の社名ウォルト・ディズニー・プロダクションズ)との…

  3. 【オリエンタルランド秘史#15】三井不動産「OLCと縁切り」観測に“対立の因縁”…

    引き延ばしを図る三井不動産「覚書」の条件 ウォルト・ディズニー・プロダクションズ(DIS=現ウォルト・ディズニー・カンパニー)との交渉のタイ…

  4. 【損保ジャパン「金融庁処分」の深層#6】組織風土改革“5つの提言”《後編》…

    【提言⑤】不祥事情報を取り込む専用「内部通報」窓口の設置 ビッグモーターの不正に関し、損保ジャパンの内部通報窓口に情報が寄せられ、会社がこれ…

  5. 第12回【油布志行×八田進二#2】新NISAで生み出す「資産運用立国」の好循環…

    Wコードが行き過ぎた「買収防衛策」を排除 八田 1年の違いはありますが、スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードが制定され…

  6. PBRワースト企業「対応策」開示状況リスト【株価とガバナンス】…

    時価総額トップ30社中8社が対応策開示なし 時価総額ランキング上位30のうち未開示は8社だった。首位のトヨタ自動車は、まさに今回集計対象にし…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正調査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス