検索
主なテーマ一覧

企業も「ジャニーズのふり見て我がふり直せ」【ガバナンス時評#5】

日本型組織の弱点「外圧と訴訟」

#4から続く遅くとも1990年代には指摘されていたジャニーズ事務所創業者のジャニー喜多川氏による、所属タレントの少年たちに対する性加害問題。今年2023年になってこれほど大きな問題になったのは、イギリスのBBCがこの問題を取り上げたこと、さらにはそれを受けて国連がこの問題に言及したことに由来する。つまり、「外圧」である。

大企業を含めて、日本の組織は往々にして、「外圧」か「訴訟」(特に刑事訴訟)でなければ変わらない、と見てきたが、今回も同様であった。

国際社会は人権重視の流れに急速に傾いており、ビジネスも例外ではない。最終的に消費者がサービスやモノを受け取る川下から、製造工程を川上まで遡り、すべてのプロセスにおいて人権が重視されているかどうかが問われる時代になっているのだ。

たとえばイギリスでは、2015年代に「現代奴隷法」が制定され、サプライチェーン上のすべての製品の原材料の生産現場にまで遡って、奴隷労働や搾取が行われていないか、厳しくチェックしている。海外の事例に至るまで調べ上げて問題があれば域外適用をする、と定めているのだ。国際的な活動を行う企業はすべての過程でこの法律をクリアしているか、毎年ディスクローズしなければならない。オーストラリアもこれに続き、2018年に同様の現代奴隷法を制定している。

ジャニーズ性加害問題に国連人権理事会が調査に乗り出したのも、こうした流れを受けてのことだ。人権とビジネスの在り様は今や世界の潮流であり、だからこそ、人権に反する性加害問題が指摘されながら、長年放置され、多くの少年たちが被害を受けたと見られるジャニーズ事務所の問題にBBCが関心を持ち、報道を受けて国連が調査に乗り出したのであろう。

ジャニーズ事務所が創業者であるジャニー喜多川氏の性加害を認めたのも、BBC、国連という外圧によって外堀が埋まっていたことが大きく影響しているに違いない。その前の「外部専門家による再発防止特別チーム」も踏み込んだ調査結果を出さざるを得ない状況にあったのだ。

番組スポンサーや所属タレントをCMに起用してきた日本の各企業は、ジャニーズ事務所との契約についての態度を表明しているが、性加害を受けたとする元所属タレントの告発があってすぐに、契約打ち切り等を決めたわけではない。9月7日の事務所の記者会見を受けて、「契約打ち切り」「契約更新せず」「新規契約なし」などの姿勢を打ち出した。

これについては概ね、日本社会から評価する声も上がっているが、各企業の対応とは、若干違った見方もあることを紹介したい。

企業は「遮断」するのではなく「関与」すべき 金…
1 2

ランキング記事

【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    「不祥事ゼロ」という発想は間違っている (インタビュー前編から続く)米国では、内部告発者と証券取引委員会(SEC)や司法省(DOJ)などの当…

  2. 【オリエンタルランド秘史#16】日米で“物言う株主”が攻撃する「ディズニー銘柄」…

    シリーズ#1はこちら アクティビストに狙われる京成電鉄が自社株買いを実施 (#15から続く)京成電鉄、三井不動産といったオリエンタルランドと…

  3. 【オリエンタルランド秘史#15】三井不動産「OLCと縁切り」観測に“対立の因縁”…

    シリーズ#1はこちら 物言う株主の提案を受け入れる可能性が増大 (#14から続く)「三井不動産はエリオット・マネジメントの提案を受け入れる可…

  4. 【損保ジャパン「金融庁処分」の深層#6】組織風土改革“5つの提言”《後編》…

    (#5から続く)中古車販売大手のビッグモーターによる保険金不正請求問題をめぐって、金融庁の業務改善命令を受けた損害保険ジャパンおよび親会社の…

  5. 第12回【油布志行×八田進二#2】新NISAで生み出す「資産運用立国」の好循環…

    八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。シリーズ第12回目のゲストは金融庁総…

  6. PBRワースト企業「対応策」開示状況リスト【株価とガバナンス】…

    シリーズ#1はこちら 東証が「対応企業」を公開 (前記事から続く)2023年3月に東京証券取引所がプライム、スタンダードに上場する全企業に向…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正調査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス