検索
主なテーマ一覧

コーポレートガバナンス

  1. 【大塚和成弁護士】会社経営権争奪戦における「IRアドバイザー」という死角《後編》
    GQレポート
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 大塚 和成《プロフィール》

    買収防衛にかかる費用と利益供与罪 (#1から続く)――経営者の自己保身のために弁護士やIRアドバイザーに会社から報酬を支払うことについてはど…

  2. 【大塚和成弁護士】会社経営権争奪戦における「IRアドバイザー」という死角《前編》
    GQレポート
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 大塚 和成《プロフィール》

    近年、アクティビスト(物言う株主)の存在感が一段と増すなか、上場企業における経営権の争奪戦も珍しいことではなくなった。アクティビスト側の要求…

  3. 富士フイルム元CFOが伝授「不祥事を繰り返す企業」を変革する方法#3《最終回》
    企業不祥事「伝承」の掟
    1. コーポレートガバナンス
    2. リスクマネジメント
    3. 今井 祐《プロフィール》
    4. 企業不祥事・不正

    三菱電機、神戸製鋼……不祥事を繰り返す企業に“企業文化”はあったのか #2では不正・不祥事を引き起こした企業約60社を分類しましたが、前回記…

  4. 富士フイルム元CFOが問う「不祥事企業」の経営者資質 #1
    企業不祥事「伝承」の掟
    1. コーポレートガバナンス
    2. リスクマネジメント
    3. 今井 祐《プロフィール》
    4. 企業不祥事・不正

    日本企業の不祥事・不正が後を絶たない。それどころか、同じ企業が何度も問題を繰り返すケースが相次ぐ。そんなモラルハザードの核心には何があるのか…

  5. 企業も「ジャニーズのふり見て我がふり直せ」【ガバナンス時評#5】
    八田進二教授の「ガバナンス」時評
    1. コーポレートガバナンス
    2. ジャニーズ
    3. 八田 進二《プロフィール》

    日本型組織の弱点「外圧と訴訟」 (#4から続く)遅くとも1990年代には指摘されていたジャニーズ事務所創業者のジャニー喜多川氏による、所属タ…

  6. 第8回【坂東眞理子×八田進二#2】坂東眞理子流「大学改革」の奥義
    八田教授の熱血対談「ガバナンス立国を目指して」
    1. コーポレートガバナンス
    2. 八田 進二《プロフィール》
    3. 坂東 眞理子《プロフィール》

    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ご登録済みの方は、こちらからログインして下さいまだGovernance Q会員(無料)に登…

  7. 第8回【坂東眞理子×八田進二#1】男社会の経営者に「女性活躍の意義」を知らしめたい
    八田教授の熱血対談「ガバナンス立国を目指して」
    1. コーポレートガバナンス
    2. 八田 進二《プロフィール》
    3. 坂東 眞理子《プロフィール》
    4. 社外取締役

    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ご登録済みの方は、こちらからログインして下さいまだGovernance Q会員(無料)に登…

  8. ジャニーズ解体的出直しに「吉本興業元会長」招聘を提案する【ガバナンス時評#4】
    八田進二教授の「ガバナンス」時評
    1. コーポレートガバナンス
    2. ジャニーズ
    3. 八田 進二《プロフィール》

    スポンサー企業「ジャニーズ離れ」の必然 (#3から続く)これまでの3回は、私のガバナンスに関する考え方をお伝えしてきたが、今回の#4からは、…

  9. ガバナンスを機能させるのは“不断の努力”でしかない【ガバナンス時評#3】
    八田進二教授の「ガバナンス」時評
    1. コーポレートガバナンス
    2. 八田 進二《プロフィール》

    「レジェンド問題」日本企業に寄せられた会計不信 (#2から続く)20世紀末、相次ぐ金融機関の破綻を受け、日本は会計・監査における国内外での信…

  10. 日本企業を覆う「コンプライアンス疲れ」の源流【ガバナンス時評#2】
    八田進二教授の「ガバナンス」時評
    1. コーポレートガバナンス
    2. 八田 進二《プロフィール》

    日本企業への不信を高めた山一破綻と大和銀行事件 (#1から続く)監査役を含む日本の経営者たちがアメリカ型の内部統制の考え方に拒絶反応を示すな…

ランキング記事