検索
主なテーマ一覧

コーポレートガバナンス

  1. 【オリエンタルランド秘史#11】筆頭株主「京成電鉄」ディズニーランド誘致直前の躓き
    東京ディズニーリゾート「ガバナンス秘史」
    1. オリエンタルランド
    2. コーポレートガバナンス
    3. 田中 幾太郎《プロフィール》

    シリーズ#1はこちら 時価総額上昇も解消しない「資本の捻じれ」 (#10から続く)昨秋、アクティビスト(物言う株主)から思わぬ攻撃を受けたオ…

  2. PBR対応策発表の場「コーポレートガバナンス報告書」とは?【株価とガバナンス】
    株価とガバナンス
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 伊藤 歩《プロフィール》
    4. 株主総会

    昨年3月末に東京証券取引所が《資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応等に関するお願い》を発信し、PBR(株価純資産倍率)1倍割れの…

  3. 【オリエンタルランド秘史#10】“怪物政商”小佐野賢治に食われた創業メンバー
    東京ディズニーリゾート「ガバナンス秘史」
    1. オリエンタルランド
    2. コーポレートガバナンス
    3. 田中 幾太郎《プロフィール》

    シリーズ#1はこちら 館山市ディズニーパレードの予期せぬ波紋 (#9から続く)2024年1月1日の昼下がり、JR舞浜駅南口に降り立つと、普段…

  4. 【オリエンタルランド秘史#9】旧建設省の族議員を相手に政界工作に奔走した高橋政知
    東京ディズニーリゾート「ガバナンス秘史」
    1. オリエンタルランド
    2. コーポレートガバナンス
    3. 田中 幾太郎《プロフィール》

    シリーズ#1はこちら 社会問題に無関心を装う日本側の経営陣 (#8から続く)X(旧ツイッター)オーナーのイーロン・マスクによるウォルト・ディ…

  5. 2023年企業・組織不祥事からあなたが学ぶべきこと【ガバナンス時評#12】
    八田進二教授の「ガバナンス」時評
    1. コーポレートガバナンス
    2. 企業不祥事・不正
    3. 八田 進二《プロフィール》

    共通する「風通しの悪さ」と「初期対応のまずさ」 2023年は企業や組織のガバナンスの問題が、従来の枠組みを超えて騒がれる1年となった。その大…

  6. アクティビスト丸木強氏「企業の意識向上で投資対象減る?」【株価とガバナンス#4】
    株価とガバナンス
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 丸木 強《プロフィール》
    4. 社外取締役

    (インタビュー中編から続く)今年相次いで発表された東京証券取引所の「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けたお願い」と経済産業省の「企業…

  7. アクティビスト丸木強氏「東証・経産省指針の陰に海外投資家」【株価とガバナンス#3】
    株価とガバナンス
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 丸木 強《プロフィール》

    (インタビュー前編から続く)今年3月の東京証券取引所の「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けたお願い」に引き続き、8月に「企業買収にお…

  8. アクティビスト丸木強氏「資本コストを理解しない経営者たち」【株価とガバナンス#2】
    株価とガバナンス
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 丸木 強《プロフィール》

    (シリーズ「株価とガバナンス」#1から続く)PBR(株価純資産倍率)1倍以上を上場企業の必達目標に掲げ、今年3月に東京証券取引所が「資本コス…

  9. 【オリエンタルランド秘史#8】遊園地用地100万坪を求めた京成電鉄社長
    東京ディズニーリゾート「ガバナンス秘史」
    1. オリエンタルランド
    2. コーポレートガバナンス
    3. 田中 幾太郎《プロフィール》

    シリーズ#1はこちら ディズニー社に旨みの大きい「ロイヤルティー」 (#7から続く)米ウォルト・ディズニー・カンパニー(DIS)は今年10月…

  10. 日大だけではない「学校法人のガバナンス不全」【ガバナンス時評#11】
    八田進二教授の「ガバナンス」時評
    1. コーポレートガバナンス
    2. 企業不祥事・不正
    3. 八田 進二《プロフィール》
    4. 日大

    林真理子理事長にはブレーンが必要 「学生に対して慙愧の念に堪えない。できるだけ早く(諸問題を)解決していきたい」 日本大学のアメリカンフット…

ランキング記事