検索
主なテーマ一覧

三栄建築設計「創業者が反社会的勢力と交際疑惑」上場の行方#2

第3四半期決算報告書の提出が遅滞する事態に

東証プライム上場の三栄建築設計で、創業オーナーが社長在任時に指定暴力団の住吉会系幹部男性との間で仕事上の接点があったことから、同幹部に金品が渡り、東京都の「暴力団排除条例」第27条の規定に基づいて「勧告」が出された前代未聞の“東証プライム企業と反社会的勢力との交際疑惑”問題。

三栄建築設計は勧告があった6月20日に経営トップの異動を、22日には「第三者委員会」の設置を発表し、26日には組織変更と「経営刷新会議」の設置、同26日には創業オーナーの影響力を徹底排除する「遮断モニタリング委員会」の設置と、矢継ぎ早に条例の遵守に向けた組織・人事の刷新と新体制の構築を打ち出したことは前回#1でも触れたとおりだ。そして7月13日、同社は反社問題を受け、2023年8月期の第3四半期決算報告書が提出期限の18日までに提出できない見込みであることを発表する事態にまで追い込まれている。

企業と反社会的勢力の問題に詳しい虎門中央法律事務所の荒井隆男弁護士(#1参照)は、三栄建築設計のこの間の動きについて、「必死に信頼回復に取り組もうとしている姿勢が窺える」としたうえで、以下のように語る。

「そこで注目されるのが、反社会的勢力問題に取り組む弁護士の間で言われる『ホワイト化』をどう達成するか、です。一度、暴力団と関係のある企業という色がついてしまったものを、どのようにして自浄作用を働かせれば、市場をはじめとするステークホルダーからの信頼を回復させられるか。そういった意味では、三栄建築設計が新設した遮断モニタリング委員会がホワイト化の施策として奏功するかが注目されます」

創業元社長辞任から“空白の9カ月 一方で、元社…
1 2 3 4 5

ランキング記事

【PR】riskey リスクアラートシステム
【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 【子会社ガバナンス#4】加登豊名古屋商科大学教授が語る「子会社業績向上の秘策」…

    (#3から続く)今回の#4では、経営学者で現在、名古屋商科大学大学院マネジメント研究科で教授を務める加登豊氏をインタビュー。日本の企業グルー…

  2. 【子会社ガバナンス#3】「親会社からの天下り」人事が子会社の成長を阻害する…

    #1、#2では実例を引き合いに出して、子会社のコーポレートガバナンスが機能不全に陥り、ひいてはグループ全体のガバナンスを阻害しかねない状況を…

  3. 【子会社ガバナンス#2】適切な事業ポートフォリオの構築が難しい理由…

    #1では大手企業の不動産子会社を例に、子会社のガバナンス不全があわや不祥事を生み出しかねない危険性を伝えた。続く#2では、新設子会社、あるい…

  4. 【子会社ガバナンス#1】大企業の「不動産子会社」で不祥事が起きた背景…

    子会社・関連会社までを含めたグループ全体のコーポレートガバナンスが求められる大手企業。一方、大手企業グループには必ずと言っていいほど、不動産…

  5. 「リスク情報収集」を自動化する最適なネット検索ツールとは…

    (前編から続く)リスク情報の収集には、時として正確性よりもスピードが求められる。その際、ネット上の情報をいかに集めるかが、勝負の分かれ目とな…

  6. 企業担当者を悩ます「リスク情報収集」の死角…

    「仕事とはいえ、パソコンに向かい合ってネット上で関係先のリスク情報をチェックするのは、身心ともに疲れ果ててしまう」――。あるメーカーで与信管…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正検査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス