検索
主なテーマ一覧

GQレポート

  1. 大正製薬MBO「株主総会トップ再任賛成率」の伏線
    GQレポート
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 株主総会

    大正製薬ホールディングス(HD)が11月、MBO(経営陣による買収)を発表した。祖業である大衆薬市場の低迷を受け、中長期的な経営戦略を再構築…

  2. 吉本興業・大﨑洋元会長が「危機管理」を語ったACFEカンファレンス報告
    GQレポート
    1. リスクマネジメント
    2. 八田 進二
    3. 大﨑 洋(吉本興業元会長)
    4. 日本公認不正検査士協会(ACFE)

    オリンパス元社長、元エンロンCFOも登場 今年2023年10月に東京都内で開かれた「第14回ACFE JAPANカンファレンス」。ACFE …

  3. 【大塚和成弁護士】会社経営権争奪戦における「IRアドバイザー」という死角《後編》
    GQレポート
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 大塚 和成(弁護士)

    買収防衛にかかる費用と利益供与罪 (#1から続く)――経営者の自己保身のために弁護士やIRアドバイザーに会社から報酬を支払うことについてはど…

  4. 【大塚和成弁護士】会社経営権争奪戦における「IRアドバイザー」という死角《前編》
    GQレポート
    1. アクティビスト
    2. コーポレートガバナンス
    3. 大塚 和成(弁護士)

    近年、アクティビスト(物言う株主)の存在感が一段と増すなか、上場企業における経営権の争奪戦も珍しいことではなくなった。アクティビスト側の要求…

  5. ビッグモーター兼重宏行前社長「自損の謝罪会見」は本当に必要だったのか
    GQレポート
    1. コンプライアンス
    2. ビッグモーター
    3. 企業不祥事・不正
    4. 小倉 健一

    コーポレートガバナンスをプロ野球に例えると…… 小難しい話になりがちな「コーポレートガバナンス」をプロ野球を例に考えてみよう。 セ・リーグの…

  6. 日本企業“基本給が増えない”驚愕の根拠―「福利厚生、充実しています」の甘い罠
    GQレポート
    1. コンプライアンス
    2. 小倉 健一

    従業員が会社と定めたルールのもとで、そのルールに則って働くことは、高次のコーポレートガバナンスを云々する以前に、企業経営の基本中の基本である…

  7. 三栄建築設計「創業者が反社会的勢力と交際疑惑」上場の行方#2
    GQレポート
    1. Governance Q「反社会的勢力問題」取材班
    2. コンプライアンス
    3. 三栄建築設計
    4. 企業不祥事・不正
    5. 反社会的勢力
    6. 第三者委員会

    第3四半期決算報告書の提出が遅滞する事態に 東証プライム上場の三栄建築設計で、創業オーナーが社長在任時に指定暴力団の住吉会系幹部男性との間で…

  8. 東証プライム企業で「反社交際疑惑」三栄建築設計の前代未聞
    GQレポート
    1. Governance Q「反社会的勢力問題」取材班
    2. コンプライアンス
    3. 三栄建築設計
    4. 企業不祥事・不正
    5. 反社会的勢力

    元社長が「指定暴力団幹部に小切手」の疑惑 前代未聞の事態である。さる2023年6月20日、東証プライム上場の戸建て住宅販売、三栄建築設計に東…

  9. 東京海上、損保ジャパン…「保険料カルテル」が続くガバナンス後進国ニッポン
    GQレポート
    1. コンプライアンス
    2. 企業不祥事・不正
    3. 小倉 健一
    4. 損保ジャパン

    損害保険4社が「東急グループ」向け火災保険でカルテル 企業が競争相手と協力して、価格の下落を防いだり、市場を支配したり、利益を最大化させよう…

ランキング記事