検索
主なテーマ一覧

【経営者と女性スキャンダル#5】醜聞が明るみに出た“マル恥”企業トップ10人

(特集#1#2#3#4から続く)「愛人を持つことは男の甲斐性」などと言われた時代もあったようだが、いまやそれは大昔の話。「コーポレートガバナンス」が求められる昨今、企業経営には高い倫理観や規律が求められている。

だが、それらを率先して遵守すべき立場の経営トップ自ら、世間に顔向けできないような私生活上の問題を引き起こすケースが後を絶たない。しかもプライベート空間だけでなく、社内の懇親会でのセクハラ行為や、果ては経費を使って愛人と交際するなど、自らの欲望を充足させていたようなケースも発覚している。その結果、女性問題を端緒に辞任・解任に追い込まれる経営者がいる一方、問題発覚後もどこ吹く風とばかりにトップに居座り続ける殿方も……。

いずれにせよ、不確実なリスクが存在する時代に、上場企業や有名企業を率いる経営トップが個人由来のスキャンダルに塗れること自体、自らの危機管理意識の欠如を露呈している行為と言わざるを得ないのである(金野志保弁護士#4レポート参照)。

そこで本稿では近年、セクシャルハラスメント、不倫や不貞行為、パパ活といった“異性にまつわる問題”を引き起こした有名企業のトップたちをおさらいする。ほとんど経営者が”紳士淑女”であることは重々承知のうえではあるが、経営者諸氏には他山の石としていただきたい。なお、肩書と年齢は発覚当時のもので、当人が疑惑を否定しているケースもある。

【セクハラ】
ストライプインターナショナル
石川康晴社長(50歳)

広報対応:リリース有
2020.03.05 一部報道について
2020.03.05 一部報道に関して当社代表取締役社長石川のコメント
2020.03.06 代表取締役社長辞任と取締役異動に関するお知らせ

2020年3月、若い女性に人気のアパレルブランド「アースミュージック&エコロジー」を展開するストライプインターナショナルの創業社長の石川氏に、過去、複数の女性従業員に対しセクハラ行為をしていたという疑惑が浮上。社内で臨時査問会が開かれていたことが報道された。最終的に社長を辞任した本人は、日本経済新聞の取材に対して「セクハラ行為をした事実はないが、世間を騒がせている責任を取る」と弁明したが、月刊誌『広報会議』のアンケートでは2020年の不祥事企業ランキングで7位にランクイン。消費者からは「ブランドイメージガタ落ち」など厳しい声が上がった。

(特集#1、#2、#3、#4から続く)「愛人を持つことは男…
1 2

ランキング記事

【PR】riskey リスクアラートシステム
【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 【経営者と女性スキャンダル#5】醜聞が明るみに出た“マル恥”企業トップ10人…

    (特集#1、#2、#3、#4から続く)「愛人を持つことは男の甲斐性」などと言われた時代もあったようだが、いまやそれは大昔の話。「コーポレート…

  2. 今さらの「政策保有株削減」に経営改革は期待できるか【ガバナンス時評#19】…

    求められる「ぬるま湯構造」からの脱却 3つ目の理由は、企業の横並び意識である。 「持ちつ持たれつ」の日本独自の株式の持ち合い文化は、特に海外…

  3. ブラジル「改正独禁法」解説《前編》現地弁護士が教える改正のポイント…

    リニエンシー申請者の保護 この法律の良い点のひとつは、リニエンシー申請者の保護が強化されたことである。近年、ブラジルではカルテル事件に関する…

  4. 【経営者と女性スキャンダル#4】金野志保弁護士に聞く「不適格トップ」を排除するための“平時の準備”と…

    社外取締役も問われかねない「トップ指名」の責任 ――そこで、企業トップに私生活での不祥事が発覚した場合(メディア等で報道されるなど)、経営者…

  5. 【経営者と女性スキャンダル#3】フィフィが語る「不倫もパパ活も社長が”即刻退場̶…

    海外ではありえない“男性主体”のプライベートパーティー ところで、横浜ゴムの現会長兼CEOは、社長だった2022年に20代女性と「パパ活」し…

  6. 【経営者と女性スキャンダル#2】「危機管理広報」の観点から見たトップのスキャンダル…

    危機管理広報の鉄則は「迅速・適切な対応」 それでは、会社や経営者のスキャンダルが表に出て、会社の不祥事となってしまった際、広報はどう対応すべ…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正検査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス