検索
主なテーマ一覧

【スタートアップ「ガバナンスの乱」】頓珍漢なベンチャーキャピタリスト#3

#2から続く創業社長は、株主総会の時期が近くなるにつれ、取締役会における数的優位を確保するための布陣を着実に構築していった。本来、各取締役は代表取締役の独断専行を牽制・抑止し、取締役会における意思決定に積極的に参加すべき存在のはず。しかし、イエスマンを並べ立てた取締役会では、このスタートアップのガバナンスが機能不全に陥るのは自然の成り行きだった。

子飼いの社員を取締役に抜擢

「この危機的な状況では、これまで明日も見通せない中で奮闘してきた創業メンバーが取締役にふさわしい」

新任の取締役候補者は、社外だけでなく、社内にもいた。海外法人を立ち上げた経験のある比較的若い創業メンバーを取締役として社内昇格させたのだ。社長が主要株主に事前に根回しをして、お墨付きをもらっていたのである。

経営戦略があってこその人材戦略。この順序が大前提となるはずだ。しかし、自身に都合の良い布陣を目的にした抜擢人事……そんな人事に辻褄を合わせる経営戦略では、うまくいくはずがない。事実、「海外展開を加速させる」という経営戦略とともに、社内発信された創業メンバーの取締役登用であったが、以降、数年経った今日まで新たな海外への事業展開は実現されていない。

創業社長になびかない社外取締役を退任に追い込み、自身の色が付いた新たな社外取締役を招き入れたうえ、創業メンバーである子飼いの社員を取締役に昇格させた。それが体制変更に納得していない創業社長の出した結論だった。

ここから数カ月間、社内は悲惨な状況に陥っていたという。一時は副社長らによる改革に期待した若手メンバーを中心に退職者が続出。櫛の歯が欠けたように社員が去り、日常業務にも差し障りが出るほどに。しかし、創業社長による“自分のための王国”は安泰となった。言い換えれば、当初、反旗を翻した主力メンバーの詰めが甘かったのである。

しかし、問題はそればかりではなった――。

株主「ベンチャーキャピタル」の存在意義 多数の…
1 2

ランキング記事

【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    「不祥事ゼロ」という発想は間違っている (インタビュー前編から続く)米国では、内部告発者と証券取引委員会(SEC)や司法省(DOJ)などの当…

  2. 【オリエンタルランド秘史#16】日米で“物言う株主”が攻撃する「ディズニー銘柄」…

    シリーズ#1はこちら アクティビストに狙われる京成電鉄が自社株買いを実施 (#15から続く)京成電鉄、三井不動産といったオリエンタルランドと…

  3. 【オリエンタルランド秘史#15】三井不動産「OLCと縁切り」観測に“対立の因縁”…

    シリーズ#1はこちら 物言う株主の提案を受け入れる可能性が増大 (#14から続く)「三井不動産はエリオット・マネジメントの提案を受け入れる可…

  4. 【損保ジャパン「金融庁処分」の深層#6】組織風土改革“5つの提言”《後編》…

    (#5から続く)中古車販売大手のビッグモーターによる保険金不正請求問題をめぐって、金融庁の業務改善命令を受けた損害保険ジャパンおよび親会社の…

  5. 第12回【油布志行×八田進二#2】新NISAで生み出す「資産運用立国」の好循環…

    八田進二・青山学院大学名誉教授が各界の注目人物と「ガバナンス」をテーマに縦横無尽に語り合う大型対談企画。シリーズ第12回目のゲストは金融庁総…

  6. PBRワースト企業「対応策」開示状況リスト【株価とガバナンス】…

    シリーズ#1はこちら 東証が「対応企業」を公開 (前記事から続く)2023年3月に東京証券取引所がプライム、スタンダードに上場する全企業に向…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正調査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス