検索
主なテーマ一覧

JAL“説明なき”社長解任「空港施設」にプライム上場の資格はあるか#2【株主総会2023】

JALらによる「乗田社長解任」は指名委の想定内?

報道を受けて山口氏と国交省出身の監査役1名が2023年4月3日付で辞任。本田氏も東京メトロの会長を辞任し、朝日新聞の報道以前に本田氏と会食していた久保田雅晴航空局長(1988年旧運輸省入省)も職を辞した。

この結果、空港施設の指名委員会が策定した役員人事案から国交省出身者は消えた。そして、それまで厳格に守られてきた取締役はJALとANA出身者同数ずつというルールも破られることになる。ANAからは退任する稲田会長の後任として三宅英夫氏が送り込まれたが、JALからは新たに西尾忠男氏が送り込まれたうえ、乗田社長も再任対象になったためだ。

ちなみに西尾氏は2017年6月の総会から、乗田氏が社長に就任する2021年6月の総会で任期が満了するまで、4年間この会社の取締役を務めた経験を持つ。つまりは再登板だ。その意味で、ANAが主張する「人心の一新」には違和感を持たざるを得ない。

ところが、この人事案について、当の空港施設側は「特別調査委の助言に従い、出身母体ではなく、スキルで選んだら結果的にこうなっただけ」だと説明しているのだが、果たしてそうか。

ここで上の表をご覧いただきたい。表中で《国交省関連業務経験者》としてあるのは、2015年6月の株主総会で社外取締役に就任した杉山武彦氏と青山佳世氏を指している。杉山氏は元一橋大学学長で、財団法人の旧運輸政策研究機構(現運輸総合研究所)の副会長経験者。フリーアナウンサーの青山氏も国交省交通政策審議会委員の経験者で、つまりは国交省関連業務の経験者である。

両氏はすでに社外取締役就任から8年が経過しており、今回の株主総会でも再任されたため、4年の任期満了時には就任から12年になる。独立社外取締役の要件は満たしているものの、国交省と親和性が高い人物であることは間違いない。

今回の会社提案の役員人事案を策定した指名委員会のメンバーは上記の杉山、青山両氏、2022年6月の株主総会で社外監査役に就任したNTT出身の小椋敏勝氏(元NTT西日本副社長)、社外監査役の芝明彦弁護士、それに稲田氏、乗田氏の計6名だった。

この顔ぶれで策定した人事案で、乗田氏の再任にJALとANAの両社から賛同が得られると指名委員会が考えたと言われて腹落ちしないのは筆者だけだろうか。

2年前のトップによるパワハラ問題以降、ガバナンス改革を主導した乗田氏に退く意思がなかったのだとすれば、その乗田氏を外す人事案の策定は東証プライム企業としてはやりにくい。

一方、JAL、ANAとしては、国交省にこれだけの傷を負わせてそのままというわけにはいかない。乗田氏の再任否決はシナリオどおりで、JAL、ANAは“悪役”を買って出たのだとしたらストンと腹落ちする。これなら指名委員会の顔が立ち、JAL、ANAは国交省への“義理”を果たし、会社も「ガバナンス不全」を問われることがない。

2年後には「国交省にトップ返上」の密約 #1記事では…
空港施設の「東証プライム上場維持」は妥当か否か …
1 2 3

ランキング記事

【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    通報窓口の担当者の人となりを知らせて心理的ハードルを下げる また、内部通報制度が早期発見のための有用な手段と捉え、自社(グループ会社を含む)…

  2. 【オリエンタルランド秘史#16】日米で“物言う株主”が攻撃する「ディズニー銘柄」…

    独断のディズニーとの契約調印に三井不動産と銀行団の怒り 1979年4月30日にDIS(当時の社名ウォルト・ディズニー・プロダクションズ)との…

  3. 【オリエンタルランド秘史#15】三井不動産「OLCと縁切り」観測に“対立の因縁”…

    引き延ばしを図る三井不動産「覚書」の条件 ウォルト・ディズニー・プロダクションズ(DIS=現ウォルト・ディズニー・カンパニー)との交渉のタイ…

  4. 【損保ジャパン「金融庁処分」の深層#6】組織風土改革“5つの提言”《後編》…

    【提言⑤】不祥事情報を取り込む専用「内部通報」窓口の設置 ビッグモーターの不正に関し、損保ジャパンの内部通報窓口に情報が寄せられ、会社がこれ…

  5. 第12回【油布志行×八田進二#2】新NISAで生み出す「資産運用立国」の好循環…

    Wコードが行き過ぎた「買収防衛策」を排除 八田 1年の違いはありますが、スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードが制定され…

  6. PBRワースト企業「対応策」開示状況リスト【株価とガバナンス】…

    時価総額トップ30社中8社が対応策開示なし 時価総額ランキング上位30のうち未開示は8社だった。首位のトヨタ自動車は、まさに今回集計対象にし…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正調査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス