検索
主なテーマ一覧

JAL・ANAが現役社長解任「空港施設」国交省忖度の原点#1【株主総会2023】

火種は2年前の「国交省OB社長のパワハラ辞任」

ただ、その後は大きな投資も調達もなく、平成不況下では航空需要もしぼみ、年商は右肩下がり。リーマンショックと東日本大震災、その後の不況で2012年3月期の売上高は208億円まで下がっている。そんななか、インバウンド(訪日外国人客)需要の増加を追い風に2020年3月期は248億円まで回復するも、新型コロナウイルスのショックで2022年3月期は237億円に後退。コロナ影響が薄れた直近の2023年3月期は255億円となっている。

そして、良くも悪くも、安定していたこの会社に激震が走ったのが2021年5月。会長兼社長の甲斐正彰氏(1981年旧運輸省入省、元国交省航空局次長)によるパワーハラスメント問題が浮上したのだ。

このときに第三者の弁護士による事実関係の調査実施を取締役会に指示したのが、同社の「指名委員会」だった。ちなみに、空港施設は現在も監査役会設置会社のままで、いわゆる「指名委員会等設置会社」ではないが、2019年に取締役会の諮問機関として、指名・報酬委員会を設置している。

調査の結果、甲斐社長によるパワハラが事実として認定され、2021年6月開催の定時株主総会後に社長に就任したのがJAL出身の乗田氏(1982年入社)だった――。#2では、現在に至る空港施設の問題を詳述する。

株式上場の動機は「年商10倍」の投資資金調達 …
1 2 3

ランキング記事

【PR】riskey リスクアラートシステム
【PR】内部通報サービス無料オンデマンドセミナー

ピックアップ

  1. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#3】CA出身「鳥取新社長」を一丸で支える使命…

    JALは「破綻前」に戻らないのか 八田 私自身、会社更生手続きが終結した2012年7月から8年間、JALの社外監査役を務めましたが、社外取締…

  2. 第13回【JAL植木義晴×八田進二#2】僕が考える「稲盛和夫」に選ばれた理由…

    「眼前の大きな雲にどれだけ近づけるか」がリスクマネジメント 八田 それはまったくその通りで、私自身、大学院での職業倫理の授業の最後に一言、必…

  3. 不祥事発覚も「内部通報制度」が機能しなかった上場企業19社…

    「調査委設置の窓口」には通報が寄せられた豊田自動織機 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のテストイベントの入札業務において、独…

  4. 【ACFE JAPAN岡田譲治理事長インタビュー前編】私が『監査役の矜持』を出版した理由…

    監査役は「出世レースの残念賞」なのか? ――書籍の帯には「監査役のヒーローはいらないんです」とありますが、逆に言えば、危機が発生しないとヒー…

  5. 【オリエンタルランド秘史#18】千葉県知事スキャンダル辞任を超えてTDL開園…

    “利権”の文字が捏造された千葉県知事の念書 東京ディズニーランド(TDL)実現の最大の功労者がオリエンタルランド2代目社長の高橋政知であるの…

  6. 遠藤元一弁護士「不祥事抑止」経営陣は本気のメッセージを出しているか【不祥事と内部通報】…

    通報窓口の担当者の人となりを知らせて心理的ハードルを下げる また、内部通報制度が早期発見のための有用な手段と捉え、自社(グループ会社を含む)…

あなたにおすすめ

【PR】内部通報サービスDQヘルプライン
【PR】日本公認不正検査士協会 ACFE
【PR】DQ反社チェックサービス